2006年05月05日

過程と結果

いくら努力を重ねても、結果を出せなければ大した評価や効用は得られないでしょう。
世間で重視されるのは過程では無く結果ですから。

結果は出せなかったけど、努力したことによって培った経験はいつか役に立つ時が来るさ…なんて考え方は多くの場合、ただの自己満足でしか無いんでしょうね。

一例を挙げると、受験勉強で得た受験用の知識は受験が終わったら何の役にも立ちません。求められるのは合否結果だけと言った所でしょうか。
(もちろん家庭教師や塾講師として生きていくには十分に役に立つでしょうが、生涯を通してそれらの職に従事する人は全体の中では少数ですから、一般的では無いですね。)

しかしながら人生という過程は長いので、今現在のミクロな視点で見た結果で遅れを取っていても、ゴール前に追い抜けば何の問題も無いわけです。
元ヤンの弁護士と大卒のNEET、皆さんはどちらを評価しますか?w

ところで何時の時点を持ってゴール=結果とすべきか。人生終了直前と言うのも何だか微妙ですし。これは人によって違ってくると思いますが、僕の目標時点は定年退職の日…じゃ遠すぎて明確なビジョンにならないので、とりあえずの目標時点は10年後くらいでw
ぶっちゃけNEETになってなければそれで良い以下略
posted by de.cros at 23:16| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。