2006年06月22日

こうなったら日本はデスノートを使って(以下略

今日の午前中は、MOVIXに行ってデスノートを見てきました。
てわけで、ネタバレを極力排した感想をばw

藤原竜也のライトは原作とイメージ違ったけど、まあこれはこれで良かったかなと。相変わらず演技うまいし。強いて文句を言わせてもらうと、彼の喋り方ってどの作品見ても一緒のような気がする。

それとレイにどう見ても日本人顔の細川茂樹を起用したのはちょっとアレだったかな〜。苗字もイワマツに代えられてたし。誰か他に居なかったのかな(失礼
まあ目立った欠点はこのくらいで、正直予想以上の出来にかなり満足してますw

映画版オリジナルキャラの幼馴染は賛否両論出てると思うけど、個人的には成功だったと思う。最初は別にいらないんじゃね?と思ったし、違和感感じまくりだったけど、最後まで見て考えが変わった。マジで監督と脚本すごい。この役のおかげでライトのイメージが原作にかなり近づいたと思う。
あれだけ同情を誘っておきながら、それをいとも簡単に裏切ってくれる脚本は新世界の神。

原作のファンで映画を見てない人は、ぜひとも見に行ってください。
きっと満足できると思いますよ〜

さて、今晩はついに運命の日本対ブラジル戦。
なるべく早起きして観戦しようかなと思ってる。
見逃すと次に日本の試合を見るのは高確率で4年後になりそうだしなぁ…

もうこうなったらジー○監督はデスノートを使うしかないってのが本日のネタ話でした。

「ロナウ○ー○ョ オウンゴールしながらゴールポストに激突して(以下自粛)」
「ロナ○ド 太りすぎて生活習慣病になって(以下自粛)」
みたいな感じで。

「いける…決勝トーナメント!」

しかしブラジルの選手はほとんど偽名のため犯行失敗。

「馬鹿野郎ーっ誰を蹴ってると思ってるナカタァーー」
「彼らはあなたと同じブラジル人だったんだぞ…!」
「あんたなんかサッカーの神じゃない。ク(ry」
「いやだーっ!監督から降りたくない降りたくない」

マジでくだらないネタ話でしたw
デスノネタは面白いけど、激しく不謹慎なんで要注意。
posted by de.cros at 22:36| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まじワロタ!ジー○がデスノートとかww
ヤバスww
細川茂樹は個人的に好きなんだけどね〜。きっとビジュアル的にハマる外国人さんはいても日本語で演技になると微妙なんだろうね‥パックンでさえ外人さんの日本語って感じだし、映画の中だと違和感あったのかも。
リュークが布袋さんじゃなかったのはミスキャスト?
ブラジル‥orz
タッキーの顔で藤原竜也の演技だったらよかったのにね!
漫画の世界を実現するのは難しいのね〜でも見たくなった!レポありがとぉ(≧▽≦)ゞ
Posted by まみ at 2006年06月23日 07:52
なんでこんな時に復調してるんだーっ!ロナウドォー!
って感じの試合だったね。残念orz

布袋さんの身長でもリュークはカバーし切れなかったんだよ、きっとw
顔だけなら間違いなくタッキーが一番似てるよね♪

何だかんだで完成度高いと思うんで、是非見に行ってみて!
Posted by de.cros at 2006年06月23日 08:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19684214

この記事へのトラックバック

デスノートの映画の藤原竜也くん
Excerpt: デスノートの映画ですが、あとは個人的には藤原竜也くんかなぁ。
Weblog: デスノート(DEATH NOTE)大好き!映画 ネタバレ最終回ブログ
Tracked: 2006-06-23 18:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。